2017春季生活闘争状況

連合山形加盟組合の2017春闘状況
2017春闘賃上げ対象組合は、連合山形傘下で185組合、要求提出110組合、回答・妥結89組合
(5月31日現在)

1.2017春闘 平均賃金方式
5月31日までの報告状況については以下のとおりです。

(1)加重要求額 7,914円(2.99%) 昨年同時期比 +324円
(2)単純要求額 7,480円(2.83%) 昨年同時期比 +488円
(3)加重妥結額 4,199円(1.59%) 昨年同時期比 +477円
(4)単純妥結額 3,551円(1.34%) 昨年同時期比 +706円

2017/02
2017春季生活闘争方針

【参考資料】pdf版

 

2017連合白書

サイズ:A4判/120ページ/企画・編集:日本労働組合総連合会/発行年:2016年12月28日/頒価:800円(税・送料別)
目次
Ⅰ視点と方針
1.2017春季生活闘争の役割と問題意識
~日本社会が直面する課題と挑戦~
2.労働者をとりまく状況:2017春季生活闘争の取り組み
~「底上げ・底支え」「格差是正」でハッピーライフの実現を~
Ⅱ2017春季生活闘争方針
Ⅲ現状と課題

    • 震災からの復興・再生に向けて
    • 持続可能な社会の実現に向けて
    • 包摂的な社会の構築:振り向けばそこにある「労働組合」をめざして
    • 魅力ある産業・企業の構築には「人財」が不可欠
    • ハッピーライフの実現に向けた職場環境の整備

>>2016春季生活闘争状況はこちら

  
-