春季生活闘争

 

「2014春季生活闘争勝利総決起集会」

~今こそ賃上げ、デフレからの脱却 !~  

~1,000万連合実現へ向けキックオフ~

  3月8日、県民会館(やまぎんホール)を会場に、「2014春季生活闘争勝利総決起集会」が開催され、1,000名の組合員が参加しました。
集会に先立ち、「山形市第二公園」よりデモ行進を行い「ベースアップを勝ち取るぞ!」「労働者保護ルールの改悪反対」とシュプレヒコールを行いながら、市民にアピールしました。
集会では、連合山形の大泉会長が、「2014春闘は、月例賃金の引上げ、ベースアップを勝ち取るぞという気合、組合員の期待・思いを届けていく必要があります。また、労働者保護ルールの改悪を阻止する闘いです。2014春闘勝利、1000万人連合実現に向けて、ともに頑張りましょう。」とあいさつをし、一層の団結を訴えました 連合本部小川裕康副事務局長、森事務局長による春闘情勢報告の後、UAゼンセン、県教組、連合山形青年委員会より今春闘への決意表明と、青年・女性委員会による【祝・東京オリンピック!2020年のユメは・・・。「正社員ゼロ、残業代ゼロ、クビ切り自由」に異議あり!】と題した劇が演じられ、会場を沸かせました。
最後に、1,000万連合実現キックオフ宣言・集会アピールを採択し、大泉会長による「団結ガンバロー」で春闘勝利に向けた闘いを誓い合いました。

大泉会長あいさつの詳細はこちら

 

 デモ
決起集会
構成詩1  (2)
 青年委員会・女性委員会「2014春闘学習会」を開催はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

すべての働く者の処遇を改善し、底上げ・底支え、格差是正を実現しよう!

今こそ賃上げ、デフレから脱却  2014/02
2013syunto 詳細はこちら

 2013春闘は、「働くことを軸とする安心社会」実現に向け、『「傷んだ雇用・労働条件」の復元とすべての働く者のディーセント・ワーク実現』に向けた取り組みとして位置づけ、公正で安心・安全な社会の実現に向け邁進するとして闘った。連合山形は、賃金カーブ維持分+賃金改善分1%以上を目標とし、賃金カーブ維持分算出困難な組合は、維持分を4,600円として取り組むこととした。

 結果は、4月30日現在、集計可能な登録組合188組合のうち、要求提出は56組合(29.8%)、妥結組合は、全体で40組合(21.3%)の報告にとどまっている。
詳細はこちら

すべての労働者の処遇改善を追求し、「働くことを輪とする安心社会」を実現しよう!

賃金復元でデフレ脱却!「人材」育成で産業力・企業力強化を!  2013/02
2013syunto 詳細はこちら