新着情報

1月7日、山形市大手門パルズを会場に、連合山形・連合山形地域協議会合同による「2020新春旗びらき」を開催し、加盟組合員をはじめ労働福祉団体、行政関係、国会・県議会・市議会議員ら約250人が参加しました。

小口裕之会長は、「今年は鼠年、12支の最初の年ということで新しい事を始めるには縁起のいい年だと言われる。連合山形も31年目という節目を迎える。「持続可能な社会」、「働くことを軸とした安心社会」、その実現をめざして連合ビジョンを作成した。私たちが求める社会は、多様な価値観を認め合う社会、そしてその思いを受け止め、政策を作る政治が求められている。連合山形も運動を積み上げ、働き続けられる職場環境つくり、地域の活性化つくりに引き続き尽力していきたい。生活不安が多い世の中で、それをひとつひとつ解消できる新たなスタートの年にしよう。「私たちが未来を変える」と決意を述べました。

来賓を代表し、吉村美栄子山形県知事、川田徹山形市商工観光部雇用創出課課長、舟山康江参議院議員、芳賀道也参議院議員の4名が祝辞を述べ、鏡びらきの後、河西直人山形労働局長が乾杯の発声をしました。

連合山形地域協議会岡田洋輔議長の閉会の挨拶後、全員によるガンバロー三唱で会を閉じました。

 

 

DSC_0875

11月8日、連合山形第32回定期大会が山形市大手門パルズで開催されました。連合本部より山根木総合運動推進局長より連帯のあいさつをいただき、また来賓として、吉村美栄子山形県知事、舟山康江参議院議員、梅津庸成政策秘書、芳賀道也参議議員、青柳安展国民民主党県連代表、狩野佳和立憲民主党県連選挙対策委員長、木村正弘社民党県連副幹事長によりごあいさつを頂きました。

 

 

コンタクトシート-001開会に先立ち、小口会長代行は、「台風15・19号による甚大な被害を受けた皆様にお悔みとお見舞いを申し上げ、一日も早い復旧を願い連合山形としてできる限りの支援行動を行うことを約束。さらには「5万人連合山形の復活」「連合30周年を機にわたしたちが未来を変える」安心して生活できる社会の実現をめざし全力で取り組む」とあいさつしました。

大会では、2020年-2021年度の活動方針、規約等の改正、会計決算・予算が質疑を経て全会一致で承認されました。また、規任期満了に伴う「役員の選出」では、会長に小口裕之氏(県教組)、会長代行に設樂正氏(情報労連)、事務局長に舘内悟氏(電力総連)が選出され、新たな体制でスタートすることになりました。さらには副会長7人が再任、新任副会長として、逸見康裕氏(JP労組)、佐藤敏幸氏(県教組)が選出され、3月より病気療養中の水戸吉一前会長は、常任顧問に就任しました。
IMGP4738 小口会長は、「一致団結して運動を前に進めていきたい」と抱負を述べ、30周年の記念となる節目でもあるとし、全体の協力を呼びかけました。
DSC_1006新たに連合山形に加盟された山形交響楽団楽員会(れんごう山形ユニオン)が紹介され、井上直樹代表が力強い連帯のあいさつをされました。

1 2 3 4 5 6 76