新着情報

神津会長~連合本部から神津会長が駆けつけ激励!~

3月10日 やまぎんホールを会場に「連合山形2018春季生活闘争勝利総決起集会」を開催しました。集会に先立ち1,000名を超える参加者は、第二公園から集会会場までデモ行進し、「賃金の引き上げや格差是正」「長時間労働の是正」「働き方改革実現」をアピールしました。

集会では、小口連合山形会長代行が、「月例賃金にこだわり、働く者が求める働き方改革を推進するため、すべての労働組合が要求書を掲げて闘おう!」と訴えました。

連合本部からは神津会長が駆けつけ、「賃上げによる経済の自律的成長という正のスパイラルを高く掲げ、労働者の立場にたった働き方を見直し、社会に広がりのある底上げ春闘を展開してこう」と呼びかけました。

今春闘における決意表明では構成組織を代表してUAゼンセンの加藤理さん、運輸労連の青木孝典さん、自治労の渡部貴之さん、青年・女性委員会を代表して荒井拓也さんから決意を述べました。

加藤

青木

DSC_0065荒井

 

 

 

 

青年委員会と女性委員会は、「長時間労働の是正」と題して寸劇を行い、最後に小口連合山形会長代行の団結ガンバロ-で締めくくりました。

決起集会

 

※ 地域協議会活動報告よりご覧ください。

連合山形「2018春季生活闘争討論集会」を開催

DSC_0197①2月14日、大手門パルズにおいて「2018春季生活闘争討論集会」が開催され、約150名の組合員が参加しました。 はじめに、日銀山形事務所の清水丈典所長より「当面の経済動向について」と題し講演され、山形県の経済動向について説明されました。

また、連合山形舘内副事務局長が2018春闘方針について提起し全体で確認。構成組織を代表して、電機連合、基幹労連、交通労連、情報労連、県教組の代表者より、今春闘における情勢と決意が述べられ、会場全体が団結して闘おうという熱気に包まれました。 最後に、闘争開始宣言が採択され、本格的に2018春闘がスタートしました。クラシノソコアゲに向けて、がんばろう!

闘争開始宣言(案)

 

※ 地域協議会活動報告よりご覧ください。

※ 地域協議会活動報告よりご覧ください。