テキスト付スポットニュース

被爆74年  連合2019平和行動in広島と長崎に参加しました。

連合の平和4行動は、米軍基地を多く抱え過度な負担を強いられる沖縄、世界で唯一原爆が投下され、後遺症に苦しむ広島・長崎、領土を奪われ故郷を失った北方四島。この4つの地から、平和であり続けることの大切さを訴える行動です。

6月23日からの「平和行動in沖縄」へは、女性委員会より2名が参加しました。
そして、8月5日から「平和行動in広島」へは、構成組織・地協・事務局より13名が参加、8月8日から「平和行動in長崎」にも構成組織・地協・事務局より13名が参加しました。
広島も長崎もピース・ウォークでは、地方連合会の女性委員会・青年委員会のメンバーから慰霊碑や原爆跡地などの説明を受け、戦争や原爆の悲惨さと平和への願いを知ることができました。
さらに9月6日からは「平和行動in根室」にも11名が参加します。

DSC_0094連合山形は大手門パルズエントランスにおいて、8月1日(木)から8月19日(月)までの期間「原爆パネル展」を開催しています。

連合は、核兵器廃絶や戦争のない世界にむけて8月5日に「連合2019平和ヒロシマ集会」を開催しました。連合山形からは13名が参加しました。

また、8月8日から「連合2019平和ナガサキ集会」に参加します。

DSC_0064  6月13日、山形市大手門パルズを会場に、「連合山形第38回地方委員会」を開催

しました。

冒頭で連合山形小口会長代行は「アクション36の取り組みで36協定の締結と最低賃金の引き上げを求めている。さらに安部政権により格差が拡大している。なんとがさんなね。連合が求める政策制度実現に向け、参議院選挙では、はが道也さんと構成組織推薦の比例候補者全員の勝利にむけ、全力をつくしていく。すべての労働者の格差是正、差別のない職場環境の確立が連合山形の使命である。さまざまな運動を通して、命と健康、真の平和を大切にする「格差のない平和を守る」取り組み社会的なうねりをつくっていこう!」とあいさつしました。

設樂事務局長より、昨年11月に開催した第31回年次大会以降の活動報告と2019年度下期の主要活動計画を提起し、全員一致で確認されました。DSC_0105

最後に「第25回参議院議員選挙必勝決議」で連合山形構成組織組合員一人ひとりが持てる力のすべてを集結し、参議院議員選挙勝利に向けて全力で取り組みことを誓い合い地方委員会を閉会しました。

 

 

引き続き第2部では、「第25回参議院議員選挙必勝!6.13総決起集会」を開催、連合本部相原事務局長より「日本の政治が変わってほしいと思って、今日みんなが集まっている。残り38日しかないという危機感をもって、全力で分身となってかけめぐり候補者について広めていこう」と力強い激励のあいさつを頂きました。

また、比例区候補の必勝に向けた組織からの決意表明と山形県選挙区候補予定者「はが道也」さんは「50年後、100年後、しっかりした日本になるように変えていかなければならない。今のデタラメな政治、なんとがさんなね!」と訴えました。

 

2019春闘集計表

「格差をなくし、平和を守る! 笑顔あふれる未来をつくろう すべての仲間の連帯で!」をスローガンに掲げ、4月26日(金)に1ケ所、4月27日(土)に9ケ所、合計4,851名が参加して、山形県メーデーを開催しました。27日は雨天の予報とあり、急きょ会場を変更したり、デモ行進を中止した地区もありましたが、多くの家族連れも参加し、最後まで抽選会やイベントでにぎわいをみせていました。

2019メーデー

[各地区メーデーを写真で見る]

1 2 3 4 5 6 18