連帯活動

DSC_6722

「平和の語り部」鑑賞会と「原爆パネル展」開催について

 1945年8月6日広島に、9日には長崎に原子爆弾が投下され、20万人の尊い命が奪われた。その後も多くの人々が放射線障害に苦しめられ後世にも影響を及ぼしている。1996年、国際司法裁判所は核兵器による威圧と使用は国際法違反として国際社会に核兵器廃絶を促した。
 しかし、核軍縮と核拡散防止を進める国際的枠組みは進まず、世界には27,000発の核爆弾が存在している。
 連合は「ノーモア・ヒロシマ」「ノーモア・ナガサキ」の声を世界に届け、核兵器廃絶と恒久平和を実現するため、そして被爆者援護施策を充実するため各団体と連携し強力に運動を進めている。連合山形においても、戦後70年を迎え、「次世代への継承」をテーマに、大人だけでなく子どもたちにも広げる運動を行います。多数の鑑賞と参加をお願いいたします。

 【原爆パネル展】の開催
☆ 日 時 2015年8月7日(金)~13日(木)
☆ 会 場 大手門パルズ1階 エレベーターホール及び3階展示場

【連合山形「平和の語り部」鑑賞会の開催】
☆ 沖縄、広島、長崎、根室(北方領土)の語り部方の体験と、若者へのメッセージを収録したDVD鑑賞会です。
   同日から開催の「原爆パネル展」を見ていただき、戦後70年を迎える恒久平和について学習します。
☆ 日 時 2015年8月7日(金) 10:30~12:30
☆ 会 場 大手門パルズ3階「葵」

 

(公財)国際労働財団「招へい事業」タイ・インドネシアチーム訪問

 連合の関連団体である、「国際労働財団」の事業として、タイ、インドネシアより労働組合の若手役員の方々が5月27~28日の日程で山形県を訪問し、連合山形がコーデネート役をつとめ、研修を行いました。

 一行は、吉村県知事を表敬訪問、その後旧県庁や霞城公園散策し、ハローワーク山形、ハローワークプラザ(山形テルサ)では、年金や雇用保険、職業紹介などの業務について学んでいただきました。

 その後、連合山形役員との懇談会では、タイ、インドネシアの雇用・賃金・男女間格差・労働組合の活動などが報告され、連合山形女性委員会からは、男女平等参画、女性委員会の有無や活動内容、ジェンダーギャップについて、また、青年委員会からは、労働組合として重点的に活動している事や非正規労働者等について質問し、意見交換を行いました。

 また、この日開催された「労働者保護ルール改悪阻止!」5.27結集集会にも参加し、2名の方より「連帯のあいさつ」を受け、共に労働者の保護ルール改悪阻止のため団結を誓い合いました。

 歓迎レセプションでは、懇談会では聞けなかった事を情報交換し、通訳を通さず身振り手振りで話をしている光景も見られました。

 大正琴の演奏や花笠踊りの体験など、和気あいあいの中にも充実したレセプションとなりました。

 一行は、28日「山形カシオ」の工場を見学、山寺の散策、等を行い、この研修で学んだ、連合山形・行政の取り組みについて、自国での労働運動に生かすべく多くのことを学び一路帰途につきました。

県知事との懇談会①

吉村県知事を表敬訪問

ハローワーク山形

ハローワーク山形・ハローワークプラザにて研修

連合山形役員との懇談会①

連合山形役員との意見交換会

レセプション②

歓迎レセプション

カシオ見学

カシオ工場見学

1.各種平和運動の取り組みについて

1).平和運動-その1
平和運動として「沖縄」「広島」「長崎」「根室」で4つの平和運動を基本に取り組みをすすめていく。

平和行動in沖縄
在日米軍基地の整理・縮小と日米地位協定の抜本的見直しを求め、6月に開催される「平和行動in沖縄」への参加。
a.時期……6月23日(日)~25日(火) 2泊3日
b.派遣……2名の代表派遣(女性委員会)
c.内容……オキナワ平和集会、県式典、交流会、ぴーすフィールドワーク、米軍基地の整理・縮小、日米地位協定の見直しを求める

「平和行動in広島」
核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現に向けた8月の集会等への参加。
a.時期……8月4日(日)~6日(火) 2泊3日
b.派遣……各地協2名の派遣要請
c.費用……2人で13万円、1人の場合8万円 全体で13名規模
d.内容……平和ヒロシマ大会(連合、原水禁、核禁会議)、平和イベント、ピースウォーク、広島市式典、平和の鐘

「平和行動in長崎」
核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現に向けた8月の集会等への参加。
a.時期……8月7日(水)~9日(金) 2泊3日
b.派遣……代表1名の派遣
c.内容……平和ナガサキ大会(連合、原水禁、核禁会議)、平和イベント、ピースウォーク、長崎市式典、万灯流し

「平和行動in根室」
日本の固有の領土である北方領土の4島一括返還と日ロ平和条約の締結をめざす集会等への参加。
a.時期……9月13日(金)~16日(月) 3泊4日
b.派遣……構成組織各1~2名、地協1名の派遣要請
c.費用……構成組織は参加者1人で13万円、地協の参加者1人8万円 全体で20名規模
d.内容……フィールドワーク「もっと知ろうよ、北方四島」 北方領土返還要求平和ノサップ集会
詳細はこちら