新着情報

「格差をなくし、平和を守る! 笑顔あふれる未来をつくろう すべての仲間の連帯で!」をスローガンに掲げ、4月26日(金)に1ケ所、4月27日(土)に9ケ所、合計4,851名が参加して、山形県メーデーを開催しました。27日は雨天の予報とあり、急きょ会場を変更したり、デモ行進を中止した地区もありましたが、多くの家族連れも参加し、最後まで抽選会やイベントでにぎわいをみせていました。

2019メーデー

[各地区メーデーを写真で見る]

4月25日、山形市アズ七日町前で、最低賃金の大幅引き上げを求める街頭演説と署名活動を行いました。
山形県の最低賃金は763円。年間2,000時間働いたとしても年収は153万円程度で、到底、生活できる賃金とは言えません。今年度の最低賃金を決める審議会が7月から始まる予定ですが、大幅引き上げを求める署名を集め、審議会に臨んでいきます。
街頭では、多くの市民の皆様が署名に協力し、大幅引き上げを訴える演説にも耳を傾けていました。本日マイクを握ったのは、連合山形小口会長代行、蒲原副会長、遠藤吉久山形市議、渋江朋博山形市議。

ニュースメーデー2019(酒田飽海地協)